友達を増やして合コンに呼ばれるための合コンセッティング術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「合コンに行って女の子と知り合いになりたい~」とか「合コンで友達増やしたい」と思ったことはありませんか?

合コンにたくさん呼ばれるためには、まずは自身で合コンの幹事となり合コンセッティングするのがいいでしょう。そうすれば合コン参加した女友達も男友達もお礼に次回の合コンを呼んでくれるようになり、結果、友達が男女ともにどんどん増えます。

「そんな事言っても、俺そもそも友達すくないから合コンできそうな友達がいない!」

と思いますよね?でも安心してください。合コンは最初に友達がいなくても、世のサービスに少しのお金を払えば参加できます。たとえば合コンセッティング会社がありますが、それでもいいと思います。

合コンセッティングのサービスに参加すれば一人でも参加できるサービスがあるので、そこで女性と男性の友達を作ればいいのです。しかし「どんな人が来るか当日までわからない。知らない人の中に行くのは不安だ」と思いますよね。

そういった方はまずはお見合いパーティーに行って、女性の友達と男性の友達を作るのがいいでしょう!そうすれば自分の目で選んで女性と男性の友達を作ることができます。

本日はお見合いパーティーで合コンを開催するための友達を作る極めて具体的な方法をご紹介いたします。

お見合いパーティーに参加する

まずはお見合いパーティーに申し込みましょう。合コンの友達をつくるならどんな会社のサービスでもいいですが、本日は筆者がよく行った「エクシオ」でご説明いたします。エクシオは全国で多くのパーティーをやっているのでそういう意味でも本日の紹介にはぴったりです。

彼女を作りにいくのではなく、友達を増やすのが目的なので大人数のパーティーに申しむのがいいでしょう。東京なら銀座や表参道などがおすすめです。また船橋などでも100対100など時々やっています。要は人数が多いパーティーに参加します。

また、100回以上パーティーに行った筆者の経験ですと、銀座や表参道は毎回参加者が多く、知らない人同士でも気軽に話せる雰囲気がありました。

パーティーに早めに行って、席の前の子に話しかける

パーティーの15分前には会場に行って受付をすませてしまいましょう。そして自分の席の前に座った子にパーティー参加前から話しかけてみてください。いきなり話しかけると相手の女性もビックリしてしまうので、自分のペンを女性の側に落としてみてください。

そうすれば女性がペンを拾ってくれます。そしたら「ありがとうございます!すいません」と自然に声がかけれます。そしてその後に

「すっごく緊張してます、初めてですか?このパーティは?」

と小声で話かけます。そこから自然に、暑いとか寒いとかの話をしましょう。ここではいきなり連絡先は聞きません。そしてパーティー終盤にフリータイムがありますので、そこで

「さっきはありがとうございます!すごい話しやすかったです、よかったら今度友達つれてくるので飲み会やりませんか?」

と誘ってみてください。女性は目的がみえみえだと軽い男と判断されてしまいますので最初に良い印象をもってもらい、フリータイムで目的を告げるという二段構えです。そしてエクシオは当日パンフレットなどもらえるのでその表紙を破って裏紙に自分のメールアドレスかLineIDを添えてそっとわたしましょう。

ある程度、名のある会社にお勤めでしたら名刺を渡してもいいかもしれませんね。

その子とカップリングになってもいいですし、他の子を狙ってもいいでしょう。その子から連絡がくればOKです!運がよければカップリングになった子と、その子で二人の連絡先がゲットできます。

アプローチカードを使う

エクシオではパーティーの中で、自分の気に入った人にアプローチカードを渡すことができます。そのカードには連絡先を書く場所があるので、「今度友達つれてくるので飲み会しませんか?」とメッセージを添えて、メールアドレスかLineIDを書きましょう。

この方法は筆者もやって確率は低いですが、ゼロではありません。一人でも多くの子を狙っていきましょう。会話したときに「飲み会やりましょう!」という話を切り出しておけば、成功率は上がります。

フリータイムを最大限に使う

フリータイムこそが、カップリングになるかならないかの瀬戸際です。かわいい子の前には男性が群がります。しかしここであなたがとるべき戦略は、かわいい子ではなく、「友達の多そうな子」「明るい子」です。男性からあまり人気がない子でも話しやすそうな子なら積極的に話しかけてみましょう。

「〇〇さんすっごく話しやすいですね、今後飲み会しませんか?僕の友達つれていきます」

と言えば自然です。ただいきなり飲み会の話をすると、女性は引いてしまうので、最初は「今日はいろんな人と話したから口が痛いですw」など自然な会話をしましょう。

そして会話の終盤で飲み会の話をして、パンフレットの切れ端に自分の電話番号を書きましょう。名刺でもOKです。

男性の友達も作る

これは簡単です。パーティの中盤以降の時間に隣の男の人に話しかけてください。同じ女性目的で来ているので話は早くすぐに友達になれます。筆者も男性の友達をお見合いパーティーでたくさん作りました。

「いい子いましたか?」あるいは「なんか今日女の子すくなくないですか?」

と話しかけるのがいいでしょう。しかしここも二段構えです。この程度では全然友達になれないので、パーティー終了後にお互いがカップリングしなかった場合は、出口で声をかけて

「先ほどはいきなり話しかけても、優しく対応してくれてありがとうございます、よかったら今日の反省会でもしませんか?」

または

「いやー今日は駄目でしたね~、このまま帰るのも、あれなんで飲みにいきませんか?」

など行ってのみに行くのはいかがでしょうか?これは筆者もいったのですが結構男性同士で話が盛り上がります。「あの子が可愛かった!」「あの子は話しかけずらい」などすごく盛り上がります。そして合コンを自分でセッティングするときに男友達として声をかければ、今度合コンがあった時この人が喜びこんどはあなたを誘ってくれるでしょう。

合コンをセッティング

そしてこれを5回も繰り返せば、必ず合コンを自分でセッティングできるだけの女友達、男友達を作ることができます。5回も参加しなくても、途中で女性の友達が一人できればすぐ合コンセッティングしてみてもOKです。

男性友達がお見合いパーティーでできていなければ、仲が良くなくても「会社のイケメン」の同僚か先輩に声をかけてみてください。相手も声をかけられて悪い気持ちはしないですし、それをきっかけに会社の人間関係もよくなればいう事なしです。

そしたら今後は会社の先輩が合コンをセッティングしてくれるかもしれません。その時はどんどん友達が増えていくサイクルに突入していますよ!

最後に

いかがでしたか?これを1回ではなく必ず5回は繰り返してください。一回の参加費は4000円なので2万円の出費です。「そんなの高いしバカげてる」「おれはそこまでしたくない」と考えていませんか?

しかし人生は短くあっという間に合コンすらできない年齢になります。あなたが30代中盤ならあと5年程度が合コンに呼ばれやすい年齢の限界です。

またたった2万円で、女性と男性の友達を一気に作ることができます。一度友達を男女あわせて5人も作ればそこから人間関係を飲み会を通じて派生することができます。

合コンをやったら必ず全員と連絡先を交換して、また誘う。そして今度は呼ばれるという好循環をつくればいいのです。好循環ができればあなたはもうお見合いパーティーに参加する必要がありません。

またこのことをカミングアウトして、男性友達に話してみましょう。ネタとして「え、まじかよ!」「お前そんなにお見合いパーティー行ってるの?」と一見バカにした感じで言われますが、実はその人はめちゃくちゃ興味があるのです。

そういう時は、自分の体験を包み隠さず教えてあげましょう。周りもあなたに一目置きます。

いかがでしたか?今回は合コンをセッティングするための人間関係の広げ方を解説しました。お見合いパーティーに行った事がない人には抵抗がありかもしれません。

しかし何かをしなければ、何もはじまりません。少しのお金を払って人間関係を充実させることは合コンだけにかぎらずあなたの人生を豊かにしますよ。

この記事を読んだあなたが、いい出会いに恵まれますように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年で一番おすすめのお見合いパーティー!

エクシオ・ジャパンより2019年度は【パーティーパーティー】が断然おすすめです!
昨年だけで5人とカップリングになりました!

party★party

スタッフのきめ細かいサービスで、男性も女性も恥ずかしい思いをしないパーティーです!

悩んでいる方は、まずは参加してみてくださいね!

パーティーパーティーに申し込む

SNSでもご購読できます。